9:00~18:00
毎週日曜日
2015年06月03日
ブログ

借りたい賃貸物件と収入の関係

「借りたい賃貸物件をようやく見つけた!」

と思いきや、しばしば「収入」が問題になることがあります。

契約に際し、不動産(仲介)会社によって「審査」が行われますが、

そのもっとも重要な基準の一つとして収入が挙げられます。

審査の厳しいケースでは「年収÷12ヵ月」の金額の、

おおよそ「3割」程度が賃料の上限として定められています。

例えば年収が500万円なら、12万5000円が家賃の

上限となるわけです。

 

 

例外として、勤務先が有名企業である場合や、保証人が高収入

であるケースなど、上限額を越えても契約が許可されることが

あります。しかしながら、上限額を超える賃貸は家計を圧迫

する可能性が高いので、あまりおすすめはできません。

基本的には余裕を持って支払える範囲で借りたい物件を選ぶ

ようにしましょう。

収入は基本的に昨年度の金額を基準として審査されます。

収入を証明書類は、源泉徴収票、課税証明、住民税課税決定通知書、

確定申告書などがありますので、いずれかを用意するようにして

下さい。

転職した場合には直近の給与明細3ヵ月分や雇用契約書などの

提出を求められることもあります。

いずれの書類も提出が難しい場合は、「銀行通帳の写し」

求められる場合もあるようです。

 

 

arrow_upward