9:00~18:00
毎週日曜日
2015年03月11日
ブログ

オンサイトマネジャーとは?

ちょっと前の賃貸住宅新聞にオンサイトマネジャーに

関する記事がありました。

アメリカでは、ちゃんとした賃貸管理業の職業として、

「オンサイトマネジャー」が活躍されているそうです。

オンサイトマネジャーとは、16戸以上ある建物には

配置することが定められていて、建物に常駐し、

内見案内から家賃回収、クレーム対応、清掃や

メンテナンス、入居者向けサービスなど、

幅広い業務を行っているそうです。

 

当たり前ですが、常駐することで、

きめの細かいサービスが行えますよね。

日本では分譲マンションに常駐されている、

管理人さんのようなイメージでしょうか。

 

日本の賃貸住宅でも、同様の仕組みを

取り入れようという動きがあるそうです。

記事によると、明海大学と日管協は、

「オンサイトマネジャー制度」

の社会実験を行っているそうです。

社会実験とはいえ、参加してくれた学生さんには

働いてくれた対価として報酬が支払われますので、

学生はその建物に住みながら、同じ場所で毎日

1~2時間程度の清掃業務を行い報酬を得られる

ので、うまくいけばなかなかいい案ですよね。

普通はバイト先への往復する時間や費用もかかるので、

時間も費用も節約できるわけですから。

 

 

このオンサイトマネジャーの費用ですが、

アメリカでは、通常の管理料とは別に、

オーナーさんが別途負担しているそうです。

 

そう考えると、日本で普及していくのはまだまだ

難しい状況かもしれませんね。

 

日本の場合には、常に「オンサイト(常駐)」という訳には

いきませんが、これからの賃貸管理には、

オンサイトに劣らないサービスを考えていくことが

重要になってくるでしょうね。

arrow_upward