9:00~18:00
毎週日曜日
2015年12月09日
ブログ

宅建免許番号による歴史がある不動産業者見分け方

 

星の数ほどあると言われる不動産業者。

僕が数年前に調べた時、日本全国には

約12万社の不動産業者がありました。

これだけ沢山の業者があるとどこに相談

すればいいか分かりませんよね。

今回は、簡単に業歴を見分ける方法が

あるので、それをお伝えいたします。

 

 

 

それは不動産業者の会社名が記載されている

上部にある免許番号を確認することです。

不動産業者(宅建業者)の免許には国土交通

大臣免許と都道府県知事免許の2種類があります。

一見すると国土交通大臣免許を持つ業者の方が

格式が高いようなイメージを持ちますが、

行っている業務に実質的な違いは殆どありません。

ただ単に複数の都道府県に事務所を置く際には

大臣免許が必要となるのです。

地元密着で誠実に活動している業者でも、

単一の都道府県にしか事務所を置いていなければ、

都道府県知事免許で十分なのです。

話はそれましたが、大事な確認ポイントは、

この免許の種類の後に記載されているカッコ内

数字です。

簡単に申し上げますとこの数字が多いほうが

業歴が長く信頼性が高いと言えます。

 

 

 

この数字は、5年ごとに更新するたびに1つ増える

仕組みになっておりますので、カッコ内の数字が

増えていくと、それだけ長く事業を営んでいる

ということになります。

賃貸でも売買でも何かご依頼されるときは、

できれば、(2)以上の業者さんとお付き合い

したいものですね。

 

 

arrow_upward