9:00~18:00
毎週日曜日
2016年09月29日
ブログ

気付ける人になる

 

 

 

川越青年会議所さん主催の

経営セミナーに参加させて

いただきました。

 

 

ご講演いただいたのは、

大里綜合管理株式会社

代表取締役 野老真理子氏。

 (ところ まりこ氏)

 

 

 

 

野老氏の経営する、

大里綜合管理株式会社は、

千葉県大網白里市にあり、

25名のスタッフで不動産・

建築・管理業の事業を

行っていらっしゃいます。

 

 

弊社も建築・不動産・管理と

ほぼ同じ業態と言えるので、

「どんなことされるのかな?」

と純粋に興味がありセミナー

に参加した次第です。

 

 

昨年「カンブリア宮殿」に出演

されてから何かと話題の野老氏

と大里綜合管理㈱ですが、

何がすごいかと言うと、

それは、

「地域活動」。

 

 

社員の仕事の時間の4割を、

300もの「地域活動」を行う

時間に充てているそうです!

 

 

4割って、スゴ過ぎないですか(笑)

 

 

今の世の中、どこの社長さんも

本業でどうにか「とんとん」にする

のがやっとの時代なのに、300

もの「地域活動」ができる経営方針

とその考え方は驚きでした。

 

 

 

そのなかで、

強くおっしゃっていたのが、

「気付ける人」になること。

 

 

その為の訓練として、

 

「1日1時間清掃」

 

を行っているそうです。

 

 

「1日1時間清掃」を行うと、

きれいになった部分と、

そうでない部分の差に、

自ずと気が付く。

 

 

このちょっとした「差」に

気が付くことから、

色々な改善が生まれて

くるとおっしゃってました。

 

 

 

確かにその通りです。

 

 

 

この気付ける人になる訓練を

始めてから、野老氏自身も

会社の空いているスペースに

気が付き、空いている時間には

開放して、地域の人を集めた

ヨガ教室を始めた。

 

同じように、社内の食堂を開放

して、料理を作って振る舞いたい

地域の主婦や若い方を集めて

レストランをオープンしたりと、

色々な地域活動のアイディアが

生まれたそうです。

 

 

考え方や実績を聞いて、

これからの企業の将来像なの

かもしれないなあと感じました。

 

 

 

個人的には、本業と地域活動の

収益やその繋がりを聞いてみた

かったです。

 

なぜなら、本業が安定しないと、

なかなか「地域活動」はできない

から(泣)

 

野老氏の会社にはどこかに収益

の強みや軸があるのでしょうね。

 

 

 

 

僕は日頃から、

「企業は地域に育てられる」

と考えているので、

小さなことから何か

「地域活動」を始めて

みようと思います♪

 

 

 

考えがまとまったら、

どこかでお伝えします♪

 

 

 

 

 

 

 

 

今日もありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

arrow_upward