9:00~18:00
毎週日曜日
2016年10月13日
ブログ

宅建業者法定研修会2016

 

 

本日は平成28年度

宅建業者法定研修会に

参加してきました。

 

 

 

 

 

(公社)埼玉県宅地建物

取引業協会の会員は、

定款施行規則第9条により、

1年に1回、法定研修を

受講する義務があります。

 

 

宅建業者はこのような

研修会に参加することで、

宅建業法の改正や、

最新の判例、

実務上の留意点

などを学んでいます。

 

 

今回、宅建業法一部改正の所で、

既存建物の取引における情報

提供の充実を図る目的として、

専門家によるインスペクション

(建物状況調査)の活用を促す

内容がありました。

 

 

以下の通りです。

 

 

①業法34条の2(媒介契約)

 第1項に関する改正

・インスペクション(建物状況調査)

事業者の「あっせん」に関する

事項が追加されます。

 

②業法35条(重要事項説明)

 1項に関する改正

・インスペクション(建物状況調査)

実施状況等に関する事項が追加

されます。

 

③業法37条(書面の交付)

・建物の状況の確認事項が追加

されます。

 

 

国土交通省は、専門家による

インスペクション(建物状況調査)

の活用を促すことで、売主・買主が

安心して既存住宅(中古住宅)の

取引きができる市場環境の整備

を進めているということですね。

 

 

将来的には、既存住宅(中古住宅)の

市場はどんどん大きくなっていって、

『中古住宅+リノベ』

という住宅購入スタイルが

スタンダードになっていくの

かもしれませんね。

 

 

 

 

小江戸不動産としては、

自社でリノベーションを行って

おりますので、インスペクション

(建物状況調査)も行えるように

なると面白んじゃないかなと

思いました。

 

 

出来ることはチャレンジして

いきたいです。

 

 

PS

無事に「研修済証」をいただけたので、

さっそく事務所の入口に貼りました。

 

今年から長方形に変わりましたね(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもありがとうございます!

 

 

 

 

 

 

 

~ 一期一会 ~
小江戸不動産
レコライフ株式会社
大谷 大輔
TEL:049-226-8877
MP:090-2469-1882
 
 
arrow_upward