9:00~18:00
毎週日曜日
2015年11月19日
ブログ

冬の電気代を節約しよう

 

夏の暑い季節が終わり、少し涼しくなって
秋が来たと思ったら、すぐに寒い冬がきます。
日本は10月後半頃から徐々に寒くなり、
3月頃まで寒さが続きます。
 
 

冬の間は暖房をつけたり、こたつを出したり
と他の月に比べ、電気代がかかってきます。
冬こそ電気代を節約したいと感じる時期です。

まず電気代を節約する方法として加湿器を
使用することが考えられます。
冬になると急に湿度の低下がみられます。
そのため、女性の方はお肌の調子が悪く
なっていきますし、空気が悪くなり風邪
ひきやすくなることもあります。
 
 
 
 
また湿度が上がると体感温度が高くなり
ます。加湿器で適切な湿度(50~60%)
に保つことで暖房の設定温度を快適に低く
設定することができます。
暖房だけを使うよりも暖房+加湿器を使用
すると、電気代も安くなり、健康にもよく、
一石二鳥といえるでしょう。

次に、遮熱カーテンを使用することも
電気代を節約することにつながります。
 
 
 

遮熱カーテンを使うと、夏は外の熱が
室内に伝わりにくくする働きがあります。
反対に冬場は暖房で温まった部屋の空気
を外に逃がさず、冷たい外気を遮断します。
床まで届く長さの遮熱カーテンを利用すると
効果を得やすいです。
また、床に遮熱シートや厚めのカーペットを
敷くことでさらに断熱効果を得られますので、
温度設定を低めに設定することができます。
一年を通して、電気代を節約することが
できるの検討してみてください。
 
 
 
 
冬場はついつい高くなりがちな電気代ですが、
ちょっとした工夫で確実に節約できますので、
ご家庭で是非試してみてください。
 
 
 
 
arrow_upward