9:00~18:00
毎週日曜日
2015年11月13日
ブログ

収納力を上げる部屋づくりとは

 

今回は、部屋をすっきり見せるための、

収納力を上げる部屋づくりについて

ご紹介させていただきます。

部屋の面積を増やさず、物を捨てずに

部屋の収納力を上げるためには、

デッドスペースの活用が不可欠ですよね。

デッドスペースは部屋の中の思わぬ所に

たくさんあります。そのスペースを活用

していくことが大切です。

 

 

 

 

 

 

具体的に見ていきましょう。

例えば、ご家庭によってはカーテンレール

の上に少しスペースがあるということも

あるのではないでしょうか。

この場合、カーテンレールの上に板を設置

することで、簡易的な収納棚を作ることが

できるようになります。

こうした場所は、普段手を伸ばすことは

できませんので、使用頻度の低い細々とした

物などを飾るようにして置いてみましょう。

(重たいものは載せられませんが・・)

 

次に、家に本がたくさんあるという方には、

本のサイズごとに合わせた本棚を使用する

ことがおすすめです。

 

 

 

A4サイズが入る棚の中に並んでいる本の

サイズが、A4、B4、B5…となっていては、

本棚の中に無駄なスペースが出来てしまい

ますよね。これを、A4ならA4サイズの棚に、

B4ならB4サイズの棚に…と並べていけば、

無駄なスペースを削減することができる

ようになります。段ごとに高さを調節できる

本棚もありますので、そういった本棚を

活用するようにしましょう。

以上のように、デットスペースとなっている

部分を利用して、収納力を上げてみる工夫を

してみてはいかがでしょうか。

 

 

arrow_upward