9:00~18:00
毎週日曜日
2015年11月10日
ブログ

新築のメリットとは?


いい物件に住みたいけれど、現実的に考えて
 
新築を購入するなんてもってのほか…
 
妥協して中古物件にしようかな…
 
という方もいらっしゃることだと思います。
 
 
 
 
 
 
実際、新築になると中古物件と同じ条件だと
 
しても中古物件とは比にならないくらい価格
 
がかわってきます。
 
しかし新築というのはその分さまざまなメリット
 
があるのです。

その1つとして今回は購入時の税制優遇が
 
大きいことをご紹介いたします。

住宅を購入するときの経費の中には、様々な
 
税金が含まれていることは皆さんご存知の
 
通りだと思います。

住宅は国民の生活基盤であるので、住宅購入
 
の際にかかる税金については様々な優遇税制
 
が設けられていて、ここで新築住宅は中古
 
物件よりも手厚い優遇措置を設けられています。
 
新築と中古で違いがある項目だけ列挙すると、
 
新築には以下の様な優遇があります。
 
固定資産税に関しては、新築が戸建ては3年、
 
マンションは5年、建物分の固定資産税が
 
半額なのに対し、中古物件は軽減措置が
 
一切ありません。
 
​また登録免許税に関しては新築が建物分の
 
固定資産評価額×0.15%なのに対し、中古物件
 
建物分の固定資産評価額×0.3%です。
 
そして不動産取得税に関しては、新築は建物分
 
課税標準額(固定資産評価額)から1200万円
 
が控除されますが中古物件は築年数によって
 
控除額が減額されていきます。
 
 
 
 
 
他にも未入居であることの価値などがあげられ
 
ますが、やはり優遇税制も新築物件の大きな魅力
 
の1つですね。新築か中古かを悩まれる際には、
 
税金の面も考慮して検討してみて下さい。
 
 
 
arrow_upward