9:00~18:00
毎週日曜日
2015年10月30日
ブログ

賃貸の更新料とは?

 

賃貸物件を借りる場合には、賃貸借契約

大家さんとの間で結びますが、契約の期間は、

2年間というのが一般的ですよね。

 

 

 

 

この2年間という期間を越えて、同じ物件

住みたい場合には契約を更新する必要あります。

契約を更新する時には、再度大家さんとの間

契約を結び直すことになりますが、その更新

契約の時に更新料を支払うことが一般的です。

 

更新料は入居時に支払う礼金に似ていて、

大家さんに対するお礼といえます。

日本では地域や物件によっても異なりますが、

更新料の相場は概ね家賃の1ヶ月分のところ

多いようです。

この更新料、必ず支払わなければならないのか

というと、それは元の契約書内容によります。 

 

 

 

最近では、更新料を巡ってのトラブルが増えて

いるため、初回の契約書に、更新時には更新料

必要になる旨を記載し、宅地建物取引士によって、

しっかりと説明されるようになってきてます。

そのような場合には、契約を更新する際には

更新料を支払う必要があります。

 物件を契約するときには、契約書のなかに

ある更新について書かれた部分をしっかりと

確認しましょう。

 

 

 

最後に更新の通知が届いた時は、更新料の有無、

また更新料を減額できるかどうかについて、

不動産会社に確認してみるのもいいでしょう。

 

 

arrow_upward