9:00~18:00
毎週日曜日
2017年02月25日
ブログ

大家さんのための賃貸経営ブログ⑲


オリンピックは4年に1度

開催されますが、弊社管理

物件では5年に1度行って

いることがあります。


それは・・・、

しろあり防除施工工事


日本の建物は地域を問わず、

しろありに侵入される可能性

があると言われております。


しろありは土の中に住み、

床下から建物に侵入する習性が

あります。


そこで、床下の木材と土壌に

薬剤処理を行い、防蟻層を設けて

シロアリを予防するのが

一般的です。


なぜ5年に一度なの?


弊社で依頼する業者さんは、

住化エンバイロメンタル

サイエンス(株)の防除処理

標準仕様書に基づいて施工

します。


その保証期間が5年間です。

一般的なしろあり防除工事に

おける保証期間は5年の場合が

多いようです。


その補償内容とは、

万一、保証期間中にしろありが

発生した場合には無料で再施工

すること、そして建物に損害が

出た場合で、修復が必要な時は

総額300万円の修復費用が

賠償されるというものです。


このようなことから、大家さん

によっては5年に一度、しろあり

の防除工事の依頼を頂きます。


5年毎に費用負担が発生するので、

大家さんの利回りもその分減り

ますが、仮にしろありの被害に

あってしまった場合、駆除と修復

工事、その後の予防工事にかかる

費用負担を考えると、5年に一度

の予防をしておいた方が安心だと

考える大家さんが多いようです。


その辺りは大家さんの考え方の

違いもありますね。


シロアリは梅雨時になると

動きが活発になるそうなので、

梅雨前あたりにご相談いただ

くことが多いです。


賃貸物件の管理でお悩みの

大家さんは小江戸不動産まで

お気軽にご相談ください。





いつもありがとうございます!



~ 一期一会 ~

小江戸不動産
レコライフ株式会社
大谷 大輔
arrow_upward