9:00~18:00
毎週日曜日
2015年06月26日
ブログ

自分でできる!壁紙の補修方法

 

賃貸物件を借りた時というのは退去の際に、

入居した時と同じ状態にして返す必要が

あります。借りたものはそのまま返す

というのは当たり前ですから、このこと

自体に疑問を持つ人も少ないでしょう。

 

 

 

 

入居の際に、原状回復をするための修理費

として当てられる「担保金」として敷金が

取られていますから、過剰にその敷金が

返ってこないことに対して疑問を持つ

という人は多いものです。

そこで、少しでも多く敷金を取り戻す

ためには退去の前に自分でできることは

自分でしておくことで補修の費用が

かからないようにしておきましょう。

壁紙の専用洗剤で壁紙の汚れを落とす、

めくれた壁紙は壁紙補修用ののりで補修

することによって補修の必要が不要になります。

 

 


よって、その分だけ敷金を多く取り戻すことが

できるのです。

そしてもうひとつ覚えておきたい点として、

普通に生活をしていれば壁紙も経年劣化を

起こすものです。

それを考慮にいれずに張替えの費用の全額を

請求されそうになった時にはしっかりと理由を

確認しておくようにしましょう。

 

 

arrow_upward