9:00~18:00
毎週日曜日
2015年06月18日
ブログ

今更聞けない一畳の大きさ

 

日本人なら知っていて当たり前とも思える

畳の大きさですが、最近は自宅に和室がない

お宅も多く、一畳の大きさが分からない

といった人も多いようです。

 

 

地域や使用箇所によって異なるので一概に

言えませんが、畳一畳のサイズは

約182cm×91cmが基本です。

ちなみに一畳は2:1の縦横比、半畳は1:1の

縦横比になります。

 

 

 

半畳は、畳一畳を半分にしたものと考えれば

簡単かもしれません。

地域や使用箇所によって異なるというのは、

畳の大きさが地域によって本間、関西間、

江戸間等のように使い分けされているためです。

ですから、ひとくちに「この部屋は〇畳」

と言ってもかなりの差があります。

 

 

また、マンションなどでは洋室の広さを表すのに

「〇畳」と言ったりしますが、これも壁の芯から

はかった大きさですから、当然実際の部屋は

狭くなる計算です。

あくまでも目安でしかありませんから、

実際にはかってみるのが一番ですね。

意外と広く感じたり、逆に狭く感じたりする

こともあるかもしれません。

 

 

 

ちなみに畳についてもっと詳しく知りたい方や、

どうせなら人とは違う畳を選んでみたい方に、

僕はこちらの畳屋さんをおすすめいたします。

職人気質で、お囃子が上手な社長さんが、

畳の効果から、い草の産地にいたるまで、

しっかり説明してくれますよ。

 

 

arrow_upward