9:00~18:00
毎週日曜日
2015年06月09日
ブログ

賃貸の退去の費用ってどうなってるの?

 

これまで新しい部屋の探し方や、引越しについて

ブログにしてきましたが、今回は「退去の費用」に

ついて確認したいと思います。

 

 

 

賃貸物件の場合、基本的には敷金は返金されます。

「敷金は原状回復費に充てられる」と言われますが、

それは著しい破損、汚れなどがあった場合です。

経年による劣化については、借主が修繕費用を負担

する義務はありません。

 

 

 

ただし「ハウスクリーニング代」は入居者が負担する

ケースが多いようです。賃貸物件の多くは、特約として

クリーニング代の負担を契約時に「借主負担」としています。

その場合「敷金からクリーニング代を差し引いた金額」が

手元に残るということになります。ただしペットを飼っていた

場合や喫煙者が入居していた場合などは、原状回復にかかる

コストも高くなる場合もありますので、敷金にプラスして

追加の費用を請求されることもあるようです。

 

 

 

退去時には仲介業者、もしくは管理業者の「立会い」が

行われます。立会後、査定が行われ現状回復費用の明細が

伝えられるますので、その明細はしっかり確認しましょう。

国土交通省のガイドラインによれば、通常の損耗、経年劣化

については借主が負担する必要がないとされておりますので、

疑問に思う点は妥協せずに確認するようにしましょう。

場合によっては数万円単位を減額できる可能性もあります。

 

 

arrow_upward