9:00~18:00
毎週日曜日
2015年04月21日
ブログ

マンション下見の室内チェックポイントその2

マンションを下見する時には

たくさんのチェックすべき

ポイントというものがあります。

 

 

実際にそれらを全て確認する

というのはなかなか大変な作業

なりますが、これからの生活

しっかりと考えて手間を

惜しまないようにしましょう。

 

今回は入居前のマンション下見

チェックポイントを一部ご紹介します。

まずはマンションの下見でチェック

しておきたいポイントとして、

天井にシミがあるかどうかがあげられます。

天井にシミがある物件は、

過去に雨漏りをした可能性があるため、

雨漏りの修理はしっかりされているか、

天井の状態は悪くないかということを

確認しておくようにしましょう。

 

日当たりの確認をするのも重要です。

日中に見学してどの程度の日当たりが

あるか確認した方がいいです。

たとえば、南向きの部屋でも、

南側に建物があると日差しが

遮られてしまうことがあります。

特にマンションの場合だと、

何棟も連なっていることがあるため、

日差しが遮られているということも

珍しくありません。
 

また、窓を全て開けてみて風通しが

悪くないかを確認するのも大事なことです。

風通しが悪いと空気の循環ができず、

夏も冬も快適に生活をすることが

できないため、重要なポイントになります。

その他にも、実際に窓を開けてみると、

道路からの騒音や匂い、隣家からの視線など、

色々と確認できることが多いものです。

 

如何でしたでしょうか?

実際には限られた時間で下見を行う場合が

多いと思いますので、チェックする内容を

事前にメモにして、一つづつチェックされる

ことをおすすめいたします。

 

マンション下見の室内チェックポイントその1は

こちらからどうぞ!

 

 

arrow_upward