9:00~18:00
毎週日曜日
2015年04月14日
ブログ

マンションの収納のチェックポイントって?

皆さんは「収納率」について

ご存知でしょうか?

収納率とは、

建物の専有スペースに占める

収納スペースの割合を表したものです。

要は住宅の収納面積の比率の事ですが、

この比率が大きいほど収納スペースが

多いという事になります。

 

 


そもそも収納とはどういったものを

指すのかと言いますと、

収納の定義は高さが180cm程度ある

スペースや押入れや、

ウォークインクローゼットなどの

床から天井までのすべての空間が

収納に使えるスペースの事です。

 

収納率が高ければこのような

スペースが多くありますので、

使い勝手の良い物件と言えます。
 

比率の目安ですが、マンションの

目安は8%と言われており、

一戸建ての場合は13%が

標準とされています。

マンションは収納スペースが少ない事が

不満に繋がり易いと言われていますが、

新しい物件の場合ですと

収納スペースが多めに

用意されている事もあります。

中には10〜15%もの収納率を誇る

物件もあります。

 

 

また、収納率は7%以上あれば不満を

感じ難いという指標があるそうです。

如何でしょうか?

収納と言っても、色々な種類や形が

あるようです。

一度ご自身のライフスタイルに

あった収納率、種類などを考えてみる

のも楽しいかもしれませんね。

 

arrow_upward