9:00~18:00
毎週日曜日
2016年01月13日
ブログ

郊外に住むメリットとは

 

都心に住むと、生活に便利な施設や交通機関も

充実していて、さまざまなメリットがあります。

では、郊外に住むとどのようなメリットが

あるのでしょうか?

郊外にも都心部にはないメリットや良さがあり

ますのでご紹介いたします。

まず、郊外に住むメリットとしてあげられるのが、

家賃相場の安さです。つまり、住宅にかかる費用を

節約することができます。

また、都内に比べて敷地面積に希望を持ちやすく、

家族構成に合わせた広さの家を見つけやすい

というのもメリットとなっています。

 



次に、職場からある程度の距離を保てるので、

仕事とプライベートを分けやすいという利点もあります。

すぐ近くに職場があるというのは、通勤面での利点

ありますが、逆に、常に仕事のことを意識してしまう

環境でもあるので、落ち着かないこともあります。

その点、郊外であれば仕事のことを忘れて、

プライベートをゆっくりと過ごすことができます。

また、都心部ではマンションに住むことが多いですが、

郊外では庭付きの戸建でという環境も選択肢にあがり

ますので、車を持つのも、ペットを飼うことも気兼ね

なくできます。

そういった意味で、郊外という立地は子育て世代には

とても人気があります。

 

 

また、郊外では、公園や緑、土手や川など、

季節の移り変わりを目で楽しむことができるのも

精神衛生的にも優れていると言えるでしょう。

郊外での生活は、都心では味わうことのできない

体験がいろいろありますので、場所選びで悩まれて

いる方は、郊外での生活も検討に入れてみては

いかがでしょうか?

 


 

arrow_upward