9:00~18:00
毎週日曜日
2016年01月21日
ブログ

敷金・礼金は交渉できる?

 

賃貸物件を借りる時に、敷金や礼金という

言葉が出てくることがあります。

敷金は家賃滞納や退去時の原状回復工事などの

費用として使用されますので、退去時の精算で

余っていれば返金されます

一方で、礼金はどうでしょうか。

礼金は大家さんに対するお礼という意味合い

お金とされていますので、賃貸物件を借りる際

の初期費用として、省けない費用と考えられて

います。

ですので、正確に物件の家賃を考えるときには、

礼金を月割りして家賃に上乗せして考える必要

があります。

例えば、家賃12万円で礼金が2ヶ月分の物件に

2年間住んだ場合には、実質毎月の家賃に1万円

上乗せして支払っていることになるわけです。

 

 

また、賃貸物件を契約する前に、交渉することで

家賃を抑えることが出来る場合があります。

その時に最初に交渉するべきなのはこの礼金です。

物件によっては値引きができないものもありますが、

状況によっては値引きしてもらえる可能性もあります。

 

礼金の交渉をしたからと言って、入居後や退去時

トラブルに発展するという心配はありません。

むしろ、入居後は共同住宅のマナーをしっかり守り、

毎月遅れることなく賃料を支払っていれば、大きな

トラブルは起こらないものです。

 

ちなみに、賃料の交渉を行う際には、最初から大幅な

値引きの交渉をしても、通らないケースが多いです。

賃料とは共同住宅の建築費や運営費用など、いくつ

もの項目を考慮して算出された金額ですし、また、

既に入居されている方との兼ね合いもあります。

ですので、多少の値引きしてもらえたらいいな

という感覚で交渉する方がいいと思います。

また、敷金と仲介手数料については、退去時のトラブル

となる可能性もありますので、値引きに応じてくれる

ケースは少ないようです。

そのあたりは物件によっても異なりますので、

不動産会社の担当者にしっかりと確認して、

無駄のない初期費用にしてもらえるようにして下さい。

 

 

arrow_upward