9:00~18:00
毎週日曜日
2016年04月06日
ブログ

賃貸アパートの塗装改修工事

 

今日は

現在施工中の賃貸アパートの

塗替え工事の確認に。

(毎日確認してます)

 

外壁はパワーボード、

塗装仕上げです。

屋根は瓦なので、

塗り替えはありません。

 

 

 

外壁の塗装以外には、

笠木(板金)、雨樋、

ベランダ内部のウレタントップ

共用廊下のウレタントップ

目地部・開口部廻りのシール

打ち替え、鏡板の塗装などを

行います。

 

外壁を塗り替えると、

見た目も綺麗になりますし、

何より耐久性が向上します。

 

また、

弊社では塗り替え工事の前に、

建築士による外壁診断を行います。

 

その外壁診断では、

外壁の亀裂部、

クラック部、

貫通部廻り等を

細かく確認して、

問題がないか確認します。

 

仮に下地に問題や漏水の

危険性がある場合には、

外壁材の張り替えや、

適切な処置と下地の調整を

行います。

 

以上の工程を経てから、

塗装工事を行っています。

 

 

 

この外壁診断、

実は、

弊社が管理させて頂いている

アパート・マンションのオーナー様

から大変ご好評を頂いております。

 

なぜかというと・・・・

 

塗装屋さんは「塗装のプロ」ですが、

外壁材や下地、構造躯体の

プロではありません。

(中には凄い知識のある人もいます)

 

ですので、

下地や外壁材に何か問題が

あってもそのまま塗装してしまう

ケースがあるのです。

 

賃貸アパートや共同住宅の

オーナー様と話をしていると、

 

「2~3年前に他の業者で外壁を

塗り替えたばかりなのに、外壁から

漏水があるんだよね~」

 

というご意見をよく聞きます。

 

調べてみると、

原因は前述の通り、塗装以外の問題

をスルーしてしまったことによるものが

多いのです。

 

このようなことから、

多くのオーナー様から

外壁の塗り替え工事を、

お任せ頂いております。

 

今回の賃貸アパートは、

弊社の管理物件では

ありませんが、

3年前に塗り替え工事を

お任せ頂き、それ以降、

ご所有されている他の

賃貸アパートの塗り替えを

毎年ご依頼頂いております。

 

 

「外壁に亀裂があるから心配だ」

 

「シーリングが切れているけど、

どこに聞けばいいか分からない」

 

など、

 

賃貸アパート、マンションに関する

お悩みや塗装塗り替え工事を

お考えのオーナー様は、

ぜひ一度、小江戸不動産まで

お気軽にご相談ください。

 

賃貸アパート、マンションは

オーナー様の大切な資産です。

管理会社に任せきりでは、

資産価値は上がりません!

 

空室や賃貸アパートの運営で

お困りの時は、あきらめないで、

まずは、ご相談することから

始めてみてください。

 

 

arrow_upward