9:00~18:00
毎週日曜日
2015年12月07日
ブログ

賃貸住宅の仲介手数料について

 

皆さまは賃貸住宅の契約時に支払う仲介手数料

について正しい知識をお持ちでしょうか。

引越しをする時には、ネット等で物件を探して、

希望にあった部屋を見つけたら、不動産会社に

部屋の案内を依頼するほとんどだと思います。

その後、賃料や条件もクリアできて、無事に部屋

の契約を締結できた場合に発生するのが、

仲介手数料になります。

 

 

 

 

ですので、不動産会社に物件を案内してもらった

だけで、契約まで至らない場合には、当然、

仲介手数料も発生しませんのでご安心ください。

また物件を探していると、

「仲介手数料は賃料の1ヶ月分だけでOK!」

という謳い文句を掲げている不動産会社を

見かけます。

でも実は、宅建業法では、仲介手数料の上限

賃料の1ヶ月分と定めているのです。

ですので、賃料の1ヶ月分の仲介手数料は、

ごく当たり前のことと覚えておくといいでしょう。

このような予備知識を持たずに不動産会社に

行くと、言われるがままに賃料の2ヶ月分の

仲介手数料支払ってしまったり、高額な手付金

を要求されるケースもありますので注意が

必要です。

 

 

 

ところで、最近は仲介手数料無料という物件

増えてきています。

これらの物件は、不動産会社が所有、管理

しているケースが多く、空室が目立つ物件を

何とか埋めたいという事情があると考えられます。

また、ひと昔前は、仲介手数料について知識

を持っているかどうかで不動産会社の対応が

変わってくることもあったそうです。

また、いくら仲介手数料が無料や半額でも、

大事な契約があやふやでは困ってしまいます。

安易に仲介手数料無料や半額の不動産会社

を選ぶのではく、しっかりとした仲介業務の

対価として支払うのが仲介手数料という認識

を持って、適正な業務を行ってくれる会社を

選ぶように心がけて下さい。

 

 

 

以上の内容を踏まえた上で、仲介手数料の減額

可能な物件なのかどうか聞いてみるのも良いしょう。

 

 

arrow_upward