9:00~18:00
毎週日曜日
2016年09月21日
ブログ

火花の前に

 

 

 

 

第2図書係補佐

又吉直樹

幻冬舎よしもと文庫

 

 

 

 

「火花」はまだ読めてない

のですが、先にこちらを

読んでしまいました(笑)

 

 

 

 

 

 

 

この本、

著者のエピソードが

面白すぎて、笑いながら

一気に読みきってしまい

ました。

 

 

よくもこんなに沢山の

おもしろエピソードが

あるなあと感心すると

同時に、人をつかむ

表現方法はさすがだな

と思いました。

 

 

 

 

本書は、著者 又吉氏が

自身の好きな本を紹介

するもの。

 

 

それぞれの本の紹介は、

自身のエピソードの最後に

2~3行に短くコメントされて

いるだけなのですが、不思議

と内容は伝わってきました。

 

 

 

太宰治を紹介するページ

では、小説の楽しみ方を

こう述べてます。

 

 

「小説の楽しみ方は

色々とあるが、僕が

文学に求める重要な

要素の一つが、

普段から漠然と感じては

いるが、複雑すぎて

言葉にできなかったり、

細かすぎて把握しきれ

なかったり、スケールが

大きすぎて捉えきれない

感覚が的確な言葉に変えて

抽出されることである。

 

そのような発見の文章を

読むと、感情の媒体として

進化してきた言葉が本来

の役割を存分に発揮できて

いることに感動する。

 

多くの人が、自分との

共通点を太宰文学に

見出すのも太宰がその

感覚に長けているから

だろう。」

 

 

 

僕はこの部分に、

共感できました。

 

 

 

 

この本を読むと、

著者の本に対する愛着や、

謙虚な人柄が伝わってきます。

 

 

 

本書で紹介されている本を

読んでみたいと思います。

 

 

 

その前に、

手元の「火花」を読まなきゃ(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

今日もありがとうございます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

arrow_upward