9:00~18:00
毎週日曜日
2015年10月21日
ブログ

マンションやアパートの1階を選ぶメリット・デメリット

 

一人暮らしを始める際に、どういった賃貸物件

選ぶかは非常に重要なことになります。

家賃や生活環境、または交通の利便性など、

様々な事を考慮に入れて物件を選ぶことが

大切です。

 

 

 

 

 

しかし、マンションやアパートなどの集合

住宅場合、どの階に入居するかで生活の

利便性大きく異なってきます。

アパートやマンションの一階の部屋は、

階段をのぼったり、エスカレーターに

乗ったりしなく良いため楽という利点が

あります。

これは毎日の生活はもちろんの事、引越し

大きな荷物を運ぶ際にも影響してきます。

また、火災など何らかのトラブルがあった

に、すぐに部屋の外に出ることができる

のも大きなメリットです。

 

 

 

一方で、防犯の面では、泥棒などが侵入

すい場所であることは否定できないので、

女性の一人暮らしにはおすすめできません。

また、地面が近いためどうしても湿気が

多いということもデメリットと言えます。

このことから、夏は涼しいが冬はすごく

寒いというのも一階の部屋の特徴です。

一般的には、家賃が上階よりも安い

という利点もあるので、こうした特徴

をよく理解して入居を決めることが大切

です。

 

arrow_upward