9:00~18:00
毎週日曜日
2015年10月20日
ブログ

地震保険って何?

 

今、地震保険が注目されています。

 

特に東日本大震災後は地震保険に加入する人

増えています。

 

 

 

 

そのため、地震保険の保険料2014年に値上

がりし、2015年にも再度値上がりしています。

そもそも地震保険とは、地震などによって

起こる火災、損壊、埋没、流失を保障する

ものです。

これは、法律によって被災者の生活を資する

もので、その保険金の支払の一部は日本政府

が負担しています。

法律に基づいて、政府と民間の損害保険会社

が共同で運営している制度になります。

ここで注意しなければならない点は火災保険

との違いです。

通常の火災保険の場合、地震によって火災が

発生しても保険が適用されません。この点は

誤解が生じやすいポイントで、保険おり

ないことを知らない人もいるようですので、

地震が原因となった火災の場合にも保険を

適用したければ地震保険に入っておく必要が

あります。

また、地震保険は火災保険のように長期契約

(2015年10月からは最長10年契約)はできず、

5年に1度更新をしなければならないことにも

注意が必要です。

 

 

 

もしも家を購入したばかりの時に家屋倒壊の

被害にあった場合、住宅ローンの返済と新しい

住まいの確保と二重の負担がかかります。

何かが起こってからでは遅いです。万が一

場合に備えて、保険の加入をご検討される

ことをおすすめします。

 

 

arrow_upward