9:00~18:00
毎週日曜日
2015年10月01日
ブログ

アパートとマンションの違いについて

 

賃貸物件を探す際に、アパートにするか、

マンションにするかということで悩んだことは

ないでしょうか?

そこで今日はアパートとマンションの違いに

ついて考えてみたいと思います。

 

 

 

 

はじめにアパートという言葉もマンションという

言葉も両方とも英語から由来しているそうですが、

集合住宅を意味するのは、アパート(apart) の

名詞形であるアパートメント(apartment)であり、

マンション(mansion)は、豪邸という意味で

用いられているようです。

また、建築基準法や宅地建物取引業法では、アパート

マンションもどちらも共同住宅や集合住宅といった

同じカテゴリーに分類されており、明確な規定は

ありません。

一般的には、木造や軽量鉄骨の構造で小規模な共同

住宅を指すのがアパートで、比較的規模が大きくて、

鉄筋コンクリート造の建物、そして区分所有される

ような建物をマンションと呼ぶケースが多いと感じます。

確かに一昔前までは、その構造の違いからマンション

アパートよりは高級とされていましたし、賃料も

マンションの方が高かったと思います。

 

 

 

しかし、最近のアパートはデザインや意匠にも優れ、

高級感あふれる物件も出てきております。

さらに、使用される建材や、遮音性・断熱性能も

向上してきていることからアパートやマンション

といった区別は気にしなくなってきているようです。

このようなことから、物件を選ぶ時には、

「マンションだけ」とか「アパートだけ」

など限定して探すのでなく構造や間取り、

立地条件や賃料など、希望する条件をしっかり

満たしているかといった観点で探してみれば、

選択肢も広がると思いますよ。

 

 

arrow_upward