9:00~18:00
毎週日曜日
2016年03月08日
ブログ

物件が一番安くなる時期

 

今すぐに引越ししたいわけでなくても、

 

「気に入った物件があれば新しい家に

引越ししようかな」

 

お考えの方もいらっしゃるでしょう。

そして、どうせ借りるなら、安くて良い

お部屋が良いですよね。

 

そこで今回は、

同じ物件でも時期によっては家賃が

異なることがあることについてお伝え

したいと思います。

 

 

まず1~3 月ですが、不動産業界は、

「繁忙期」と呼ばれる特に忙しい時期

に突入しています。

ですので、この時期はあまり家賃が安く

なっているということはありません。

 

と言うのも、

4月からの入学や転勤、新たに一人

暮らしを始める方が一斉に新しい家を

探す時期なので、家賃を安くしなくて

も人が集まってくるからです。

 

ただ、物件数が非常に多い時期でも

ありますので、お気に入りの物件と

出会える可能性も高くなりますし、

この時期ならではのお得な特典や

キャンペーンのある物件も多いです。
 

次に、4~7月に関しては、物件自体

非常に少なくなっています。

良い物件は「繁忙期」にほとんど

決まってしまっているので、家賃交渉

をする前に、自分の希望する物件を

見つけることが困難な時期と言えます。

 

 

続いて、7月後半から8月頃になると、

不動産業界でいう「閑散期」に入ります。

 

その為、この時期は比較的家賃交渉

がしやすいようです。

(地域によって異なります)

 

家賃も、2千円~3千円であれば、

比較的容易下げてくれることも

ありますし、場合によっては5千円

まで下がることもあるそうです。

 

この時期は、夏休みやお盆休みの

行楽シーズンなので、旅行や

レジャーに出かける方が多く、

お部屋探しをされる方はほとんど

いないからだといわれています。

この時期に、自分の希望に沿った

物件があったらラッキーかもしれ

ません。

 

 

その後は、9~12月になるにつれて、

翌年の繁忙期に向けての準備が

始まり、それに合わせるように徐々

家賃交渉も難しくなっていきます。

 

如何でしたでしょうか?

ざっくりですが、

一年間のイメージをつかんで

いただけたかと思います。

 

 

このように、

一年を通してみると、8月の閑散期

家賃交渉するのが一番安く借りられる

可能性があるようです。

 

しかしながら、この時期は物件数が

豊富にあるというわけでないので、

注意必要です。

 

駅からの距離や立地、築年数など、

どうしてもこだわって探したい方は、

家賃は相場程度と割り切り、

物件数豊富にある1月~3月

かけて部屋探しされるのが賢明

かもしれませんね。

 

 

 

arrow_upward