9:00~18:00
毎週日曜日
2016年03月14日
ブログ

居室の換気

 

前回のブログでは、居室の採光について

考えました。

今回は、居室の換気について考えたいと

思います。

 

 

まずは、一般の居室の換気について

見ていきましょう。

建築基準法第28条によると、

居室には、換気のための窓その他

の開口部を設け、その換気に有効な

面積は、その居室の面積の1/20

以上としなければならない。

としています。

 

そして、

居室の床面積の1/20以上の

換気上有効な開口部を設けることが

できない場合は、換気設備を設け

なければならない。

と規定しています。

 

また、常時開放できる、ふすま・障子

等で仕切られた2室は、1室とみなし

て計算する必要があるのです。

 

 

 

それでは、具体的に、引き違い窓

面積計算を考えてみたいと思います。

 

Q:床面積20㎡の居室の窓で、

  換気上必要な引き違い窓の

  幅を求めよ。

 (窓の高さは、1mとする)

 

考え方としては、

居室の面積の1/20以上の有効な

開口の面積が必要なので・・

 

20㎡(面積)x 1/20 = 1㎡

 

となり、最低でも 1㎡以上の

開口面積が必要となることが分かり

ます。ここで、注意しないといけない

のは、引き違い窓は半分しか開か

ないということ。ですので、

窓の面積としては、

2㎡以上必要となる点です。

 

従って、高さ1mの窓の幅は、

2m必要ということになります。

 

引き違い窓は、その面積の1/2

が換気上有効な面積となることさえ

気が付けば間違えないですね。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

普段何気なく使っている窓ですが、

採光の為だけでなく、換気という

重要な役割もあり、その換気量も

建築基準法によって定められた

基準を満たす大きさのものが

選ばれて使われているんですね。

 

たまには、

窓ふきでもしてみようかな(笑)

 

 

arrow_upward