9:00~18:00
毎週日曜日
2016年05月25日
ブログ

無意識の損失

 

「忙しくて時間がない」

という人は無意識の損失に

目を向けてみるといいらしいです。

 

日垣 隆さんの

 

「ラクをしないと成果は出ない」

 

という本の中に、

 

「ちょっとした細切れ時間も

トータルすると膨大な時間になる」

 

とありました。

 

確かにその通りですよね。

 

電車の待ち時間、

打ち合わせ前の待ち時間、

銀行窓口やATMの待ち時間など。

 

よくよく思い返してみると、

1日の中の細切れ損失は

意外と多そうです。

 

 

 

本の中で紹介されてた

細切れ損失その1は、

 

探し物。

 

オフィスの机で、毎日探し物を

している人は、間違いなく時間

を損失しています!

 

そんな人は、

まずは机の整理から始めて

みてください!


「何がどこにあるのか?」


「そもそもどこに置いたの

かも忘れている」


という人はニワトリ並みだと

ダメだしされています(涙)


1日トータルで、1時間くらい

探し物に費やしている人も。

 

その場合、

年間約200日働くとして、

1年だと200時間の損失!

200時間って相当な時間

ですよね(泣)

 

僕は本を読む時間が欲しいと

思っているのですが、

200時間もあれば、

何冊読めるんでしょうか(笑)

 


ちなみに、

僕の机の上もとっても

散らかっていますので

かなり反省してます(猛省)

 

 

なので、

今日からは帰宅するときに、

机をきれいにしてから

帰ることに決めました!

 

 

 

 

 

 

 

arrow_upward